消費者金融と銀行
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

cm: --
tb: --   

心の相対性理論 


mns0008-009_convert_20110529022213.jpg



「 熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。
  まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
  ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、
  一分間ぐらいにしか感じられない。
  それが相対性というものです。           」


                  アルベルト・アインシュタイン


アインシュタイン:理論物理学者。ユダヤ系ドイツ人でアメリカに帰化。
         「一般相対性理論」「特殊相対性理論」などを発表。
         平和主義者としても知られ、様々な政治的発言もしている。
         個性的で含蓄のある名言を数多く残している。
         1921年、ノーベル物理学賞を受賞。





私たちは、科学的に理にかなった便利な生活の中に身を置いています。

スイッチを押せば電気がつき、
アクセルを踏み込めば、車が前進します。

電気ポットに水が入れば、いつでも温かいお湯が使え、
テレビのチャンネルを選択すれば、
遠く離れた貴重な情報をいつでも把握することができます。


しかし、

人間の体と心は、
理にかなった構造とシステムをもってはいるのですが、
時としてその科学的な理論や想像を超えた、
不思議な現象を見せることがあります。



喫茶店やファーストフードのお店に入り席に着きます。

そこには必ずと言っていいほどBGMが流れています。
多くの利用客の話声、雑踏が耳に入ってきます。

しかし、

お店に入り、連れなどと話しに夢中になると、
相手の発した言葉以外は全く聞こえなくなります。

または、たとえば、

恋人などと待ち合わせ、
雑踏の中に立っていても、
あなたは百人の群衆の中から
いとも簡単に彼女、彼氏を見つけだすことでしょう。

そして、その時、相手以外の記憶も残りません。

全ての群衆の一人一人の顔を実際に見ているにも関わらず。


音や光は、偏ることなく正しく、
視神経や鼓膜に到達します。
あくまで科学的に。

ところが、ひとの心(脳)が、
その人が求めている思考や感情の向きに合わせて、
情報を識別し、選別しているのです。



これは、実は目や耳に限らず、
人間の五感の全て、感覚や感情の全てが同様の
心のコントロールの支配下に置かれているのです。



そして逆に、

その心の在り方、向き、いい意味での思い込みを
うまくコントロールすることで、
人は自分の意志で感覚や感情、
それに伴う行動もコントロールできることになります。


確か、ガッツ石松さんのお話だったと記憶しているのですが、

貧乏な生活をしていた若かりしころ、
当時高級とされていたコーヒーがどうしても飲みたかったそうです。

そこで、彼はコーヒーカップに醤油を入れ、お湯で薄めて、

「これは、コーヒーだ これは、コーヒーだ」

と念じ、グイっと飲みました。

すると、

不思議なことに最初、コーヒーの味がするのだそうです!(笑)

これは、笑い話ですが。



私が東日本大震災で被災した時は、

汚いお話ですが、3月11日から3週間以上、
お風呂に入ることができませんでした。

とても毎日が不快です。

タオルなどで体をふくくらいです。
頭髪は冷たい水でシャンプーします。
(これがまた心臓が止まりそうになります^^;)


そして、やっとたっぷりのお湯で入浴できた
あの日の感動は忘れられません。

当たり前にしてきたことが、
どれだけ幸せなことだったか・・・

同じ温度で、同じ設備で、同じ量のお湯につかっても、
感動や感覚は、全く違いました。


これこそまさに、心の相対性理論!



こういった心に支配されている私たちの感覚や感情・・・

これをいかにうまく逆手に取ってゆくか。
いま置かれている自分の立場や環境においても、
いかに自分の進むべき方向に精神や心をセットしてゆくか。

これによって、生活、仕事、人間関係など・・・
全てにおいて大きな差が出てくるに違いありません。

人間の心は無形にして、
その体や心を支配する力は強大です。


「心頭(しんとう)滅却(めっきゃく)すれば火もまた涼(すず)し」


と語ったのは、

戦国時代、武田領甲斐国の恵林寺の住僧、快川紹喜(かいせんじょうき)。
織田信長に寺を焼き討ちされた時の有名な言葉です。

人間は、心に支配される事も多くありますが、
逆に、心を支配することで、体や行動を支配することもまたできます。



自分の敵も味方も全ては内にある。

そしていたるところ、心の支配は行動や生き方を支配する。


そう思えてなりません。





 ★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

              
スポンサーサイト

カテゴリ: アルベルト・アインシュタイン

テーマ: 心と身体 - ジャンル: 心と身体

« この人は幸せだったのだろうか  |  今のあなたは誰が作ったのでしょうか »

この記事に対するコメント

コメントの投稿お待ちしています!

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://genzounokotoba.blog76.fc2.com/tb.php/72-9ff3f1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。