消費者金融と銀行
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

cm: --
tb: --   

人は誰に勝たねばならないのか 


mns0009-009_convert_20101021200400.jpg


「 人生は、他人を負かすなんて
    ケチくさい卑小なものじゃない 」
             
                
                        岡本太郎

■岡本太郎:芸術家。現代美術にも大きな影響を与えた巨匠。
      大阪万博の太陽の塔の作者としても有名。


その、彼の名言の一つです。

人類は、狩猟生活、戦国時代から現代に至るまで、
多くの戦いの中に身を置いています。

その戦いの相手は、ライバルであったり、
仇であったり、目の前にいない誰かだったりします。

現代でいえば、
会社の中の同僚、同業者、
恋のライバル、
人間関係の中の敵対者、
芸能や技能、技術、知識を競う相手・・・

様々な競争相手が日常にひしめいています。

一人に勝てば、またライバルが現れます。

誰かに勝つことが、その人の存在意義であった場合、
その人は勝ち続けなくてはなりません。
負ければ、その時その人の存在意義はなくなります。

誰かと競い、戦い、勝つことで、
優越感や達成感、ステータスが得られるとしても、
それは刹那的で、一時の自己満足でしかない。

メジャーリーガーのイチローは、
誰かを目標(ライバル)にしたり、
記録(ステータス)を意識して打席に立つことはないと言っています。

あなたが、本当に喜びと情熱を注ぐ何かに力を尽くす時、
そこにライバルは誰も存在しないのかもしれません。
戦う必要がないのかもしれません。


もし、戦う必要があるとすれば、
情熱と喜びに力を注ぐ自分を疑う自分と、戦う必要があるかもしれません。


★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

スポンサーサイト

カテゴリ: 岡本太郎

テーマ: 哲学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

« 愛するということは・・・  |  あなたができること。できないこと。 »

この記事に対するコメント

はじめまして。
ご訪問頂きありがとうございました。
オジャマさせていただきました。

なんか、私の中の感性にもビビっとくる物をかんじました。

また遊びにきてくださいね。
私も遊びに来させてください(^^)/

ふーみん09 #- | URL
2010/10/22 04:00 * 編集 *

ありがとうございます!

ご訪問ありがとうございます!

「なんか、私の中の感性にもビビっとくる物をかんじました。」

ありがとうございます。
そう思っていただける方が、一人でもいることに感謝です。

これからも、名言の数々紹介していきます。

また遊びに行きますね(^^)/

言蔵 #- | URL
2010/10/22 14:50 * 編集 *

同感です

「本当に喜びと情熱を注ぐ何かに力を尽くす時、
 そこにライバルは誰も存在しない」
その通りだと思います。

どっちが高く登れるか、どっちがはやくたどり着くか、
そんなことはちっぽけなこと。
言ってみれば、ただの娯楽。

どんなに低くても、どんなに遅くても、感じること。
それこそが、己れを生かすことにつながるのだと私は思います。

みちこ #- | URL
2010/11/13 09:22 * 編集 *

コメントの投稿お待ちしています!

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://genzounokotoba.blog76.fc2.com/tb.php/6-fd3744d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。