FC2ブログ
消費者金融と銀行
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

東日本大震災が起こったあの日 【4】 


5522286528_d8532646fb_convert_20110325081628.jpg


「 遺体を確かめなければ、
   心の整理が付かない。
    母が亡くなったということが
      現実とは、信じられない 」




東北関東大震災、大津波の被害から5,6日も過ぎると、
徐々にライフラインが回復して来ます。
いちばん最初に回復してきたのが、電気です。
その次に、水道が徐々に回復してきました。

しかし、ガスの供給はストップしたまま、
ガソリン、灯油の入手が困難な状況が続きます。

街のスーパーや個人商店も、
不定期ではあるものの、
時間限定で開店する様子が見られてきました。

老人福祉施設にも、自治体から、
また地域住民から、救援物資をいただき、
あるいは、独自に調達が可能となってきました。

しかし、それは被害の比較的少ない地域での話。

沿岸部の街は跡かたもなく、
住んでいる街、ふる里が瓦礫と泥に覆われた
荒野に姿を変えていました。

私の職場でも、
5,6日経っても、家族と連絡が付かない、
行方が分からない。

そんな状態で、痛みを抱えながら、
目の前の高齢者のために懸命に働く姿が、
いたたまれなく、かける言葉も難しい状況でした。


同僚のある若い女性職員は、母が未だに行方不明・・・。

津波があ襲ったその時、
宮城県のある沿岸部の町を車で移動していたことは突き止めました。

彼女の父親が、すぐにその町へ向かい、
避難所を回り、聞き取りをして懸命に捜索しましたが、
その足取りはつかめません。

ただ見つかったのが、
無残にも朽ち果てた、彼女の母親が乗っていた車だけでした。

中には、母親の姿はなく、
津波が襲ったその時、何が起こったのか・・・
想像だけが、彼女の心を締め付けます。



私の知り合いの解体業者の方が、
緊急援助部隊の一員として、
被害の甚大な地域で働いています。

その方が曰く、

「原子爆弾が落ちたのと同じ・・・、地獄を見てきました」

暗い表情で、語ってきました。

瓦礫や壊れかけた家屋、建造物を撤去するのが彼の役目なのですが、
撤去を進めていく内に、
偶然、変わり果てた遺体を発見してしまうそうです。
ひどいと、その原型をとどめていないこともあるそうです。

その惨状は、現地にいるにも関わらず、
私の想像をはるかに超えていました。


ある、援助活動の様子です↓





この瓦礫の中から、行方不明者を探すことは容易ではありません。

そして、


未だにその瓦礫の下で、
見つけてくれる家族を待って、
眠ったままの大切な人々が数多くいることを知りました。


それでも私の同僚である彼女は、
今日、他の家族とともに現地に向かっていきました。

私は彼女にどう声をかけていいのか迷いましたが、

「どこかの避難所にいて、連絡が取れないだけかもしれない」

そう声をかけました。

彼女は、

「遺体を確かめなければ、心の整理が付かない。
 母が亡くなったということが現実とは、信じられない。
 遺体もなく、遺品もない状態では、とても母を供養できません。
 なんでもいい、せめて、母の形見になるものがほしい・・・。」


彼女は目に涙を浮かべて、ある覚悟を持って現地に向かっていきました。


生き残った私たちは、
生き残った意味、役割を噛みしめて生きていきたい。

生きようとして、生きていけなかった、
多くの愛する人たちの聞こえない声に耳を澄ませたい。




地震による混乱は留まることを知りません。

放射性物質、電力問題、地域の孤立、食料、水、ガソリン不足、メンタルケア・・・

ささやかなことでも、私たちにできることをしていきたい。


minnadewakaerebadekirukoto_edited-1.jpg


次回に続きます。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ: 東日本大震災が起こったあの日、私は・・・

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル: その他

« 東日本大震災が起こったあの日 【5】  |  東日本大震災が起こったあの日 【3】 »

この記事に対するコメント

こんにちは。

同僚の片のやるせない気持ち、読んだだけでもつらいです。ましてやそばにいらっしゃる言蔵さんのお気持ちを考えると、言葉がありません。

動画も見せていただきました。
ひとつひとつ瓦礫を撤去していく作業ですね。黙々と働いてくださっている方には、よろしくお願いします、としか言えません。
今、被災地から離れたところで買占めが起きているようです。その人達にこの動画を見てもらいたいです。

ゆんこ #- | URL
2011/03/25 14:31 * 編集 *

昨夜遅くにきたのですが、コメントは出来ず・・・再度挑戦。

「生き残った意味、役割」がだんだんズシンと重くなってくる時期のような気がします。「なぜ自分だけが生き残った?」と責めるものが自分に向けられて・・・

あまりに辛い現実が少しずつ報道されはじめて、私達も愕然としています。むごい人間ドラマが多くて、見るのも読むのも逃げたくなる時が出てきました。

東北の被災者の皆さんのメッセージは逆に被災していない私たちへの応援が多くて、辛くなりますね。

「こちらは大丈夫です」なんて言わなくていいのですよ!

もっと甘えていいんですよ!


ミリわん #r.rF7prM | URL
2011/03/26 17:59 * 編集 *

ゆんこさん、ありがとうございます。

ゆんこさん、コメントありがとうございます(^^)

記事の彼女はその後どうなったかはまだ、分かりません。
しかし、もっと多くの家族(特にお子さん)を失われた方もいます。

ですが、最近思います。
悲しんでばかりはいられない。
皆、生きていかなければならない。

残された生き残った私たちは、
これからの日本を立て直すために、
元気を出し、笑っていかなければならない。

時間はとてもかかるかもしれませんが・・・

ありがとうございました!
本当にコメント嬉しく思っています。

言蔵(ゲンゾウ) #- | URL
2011/03/26 21:59 * 編集 *

ミリわんさん、ありがとうございます(^^)

コメントありがとうございます(^^)

> 「こちらは大丈夫です」なんて言わなくていいのですよ!
>
> もっと甘えていいんですよ!

ありがとうございます・・・(涙)

私は大丈夫です(また言ってしまった)

しかし、いつまでも悲しんではいられません。
これからの東北は、時間がかかっても、
笑顔で前に進んでいかなければならない。

そのことについてもブログで語っていきたいと
思っています。

コメントありがとうございました。
ぜひ、また遊びに来てくださいね。

言蔵(ゲンゾウ) #- | URL
2011/03/26 22:17 * 編集 *

修羅の大地

こんばんは、言蔵さん。
今日も言蔵さんの無事を知り、安堵しています。^^

>遺体を確かめなければ、
>心の整理が付かない。

福島の原発の近くの方は、
ご家族が埋まっているかもしれないのに、
立ち入り禁止地域で遺体や形見を探しにも行けないらしいです。

これは酷です…

>東北関東大震災、大津波の被害から5,6日も過ぎると、
>徐々にライフラインが回復して来ます。
>いちばん最初に回復してきたのが、電気です。
>その次に、水道が徐々に回復してきました。
>しかし、ガスの供給はストップしたまま、
>ガソリン、灯油の入手が困難な状況が続きます。

そうだったのですか…
意外とライフラインの復活が早くて驚きました。
でも、暖をとる手段が無いのが辛いですね…

>目の前の高齢者のために懸命に働く姿が、
>いたたまれなく、かける言葉も難しい状況でした。

安全な場所にいるからなのかもしれませんが、
その方の心を察するだけで、涙が出そうになります…

>中には、母親の姿はなく、
>津波が襲ったその時、何が起こったのか・・・
>想像だけが、彼女の心を締め付けます。

こんな精神状態だったら、「恨める対象」があるほうが、
むしろ健全でいられるのかもしれません。
「誰のせいでもないからね…」と被災者の方は口にしますが、
その苦しさは量り知れません…全部、自分が背負い込まなくてはならないのだから。
言い訳も、逃げ出す事もできない現実だから。

>「原子爆弾が落ちたのと同じ・・・、地獄を見てきました」

教科書で見た事のある、原子爆弾投下後の広島の景色。
印象として、あれが一番近いのでしょうね…。


>偶然、変わり果てた遺体を発見してしまうそうです。
>ひどいと、その原型をとどめていないこともあるそうです。

作業中に鬱症状になってしまう方も多々居られるでしょう…
ショッキング過ぎる。


>生きようとして、生きていけなかった、
>多くの愛する人たちの聞こえない声に耳を澄ませたい。

その境地になれると、前向きに進み出せるんです。
「生きたくても明日を見る事が出来なかった人の志を、
自分が受け継いで生きるんだ!」と強く心に誓うんです。

儒侠の瓠洲 #- | URL
2011/03/27 00:08 * 編集 *

Re: 修羅の大地

コメント、いつもありがとうございます。

> 福島の原発の近くの方は、
> ご家族が埋まっているかもしれないのに、
> 立ち入り禁止地域で遺体や形見を探しにも行けないらしいです。
>
> これは酷です…

そうですね、瓠州さんの言葉を見て、
ハッとさせられました。
もっと、つらい人たちがいることを、

原発、放射能問題・・・、
これはとても深刻で厄介な事態です。

> その境地になれると、前向きに進み出せるんです。
> 「生きたくても明日を見る事が出来なかった人の志を、
> 自分が受け継いで生きるんだ!」と強く心に誓うんです。

そうですよね!
これからの日本、東北人はその考え方を胸に
進んでいくしかありませんよね。

コメントありがとうございました!
また来てくださいね。

言蔵(ゲンゾウ) #- | URL
2011/03/27 13:28 * 編集 *

コメントの投稿お待ちしています!

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://genzounokotoba.blog76.fc2.com/tb.php/54-648e8cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)