消費者金融と銀行
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

cm: --
tb: --   

死の瞬間まで 


wa_083_convert_20110109235933.jpg



「 大義を思ふ者は、
   たとえ首を刎(はね)らるる期迄も
    命を大切にして、何卒本意を達せんと思ふ 」


                      石田三成


■石田三成:安土桃山時代の武将・大名。豊臣政権の五奉行の一人。
      豊臣秀吉の死後、次第に勢力を増す徳川家康に対して挙兵。
      関ヶ原の戦いにて敗れ、処刑される。
      近年、その人物像、評価が見直されつつあり、
      優れた為政者、忠臣との評価も高い。



多くの方は、「石田三成」と聞いてどういった印象を抱かれるでしょうか。

関ヶ原の戦いにおいて徳川家康に無謀な戦いを挑んだ
時勢が読めない愚かな戦国大名と感じるでしょうか。

関ヶ原の戦いにおいて、味方に裏切られ、
みじめな失態をさらした策士と感じるでしょうか。

少なくとも江戸時代においては、
徳川幕府の権威を盤石なものにするために
徳川家に弓矢を引いたものは
幕府お墨付きの歴史家、著述家たちがその人物像を
よく書くことはほとんどありませんでした。

しかし、
近年になって歴史の権力者に抗った、そういった人々が見直されてきています。

石田三成、明智光秀、今川義元・・・などなど


その中の一人、

石田三成の名言です。

関ヶ原の戦いにおいて、徳川連合軍、東軍に敗れた石田三成は、
関ヶ原のい三日後に、東軍の田中吉政の家臣に捕えられます。

十日ほど後に石田三成は、西軍の小西行長、安国寺恵瓊らとともに
大阪、堺から京都を引き回され、一条の辻、室町通りを経て寺町に入り、
刑場として知られる六条河原にひかれて行く途中でした。

三成はひどくのどが渇いたので、警護の者に

「湯が飲みたい」

と言いました。
警護の者はあたりを探したが、すぐ湯が手に入らなかったので、
持ち合わせの干し柿を差し出し、

「湯がないので、とりあえずこれでも食べよ」

と言いました。

三成は、

「それは痰の毒になるからいらない」

と断りました。

すると警護の者は・・・

「今にも首をはねられる者が、毒断ちするとは稀代未聞のことだ」

とあざけり、大笑いました。

この時、石田三成は言いました。

「汝らにはわかるまい。大義を思うものは、
 首をはねられる最期の瞬間まで命を大切にして
 なんとか本意を達成しようと思うものだ」



戦国時代においては、
裏切りや密約、暗殺が横行しました。
全て、お家の存続、生き残りをかけた手段だったのです。

そんな時代にも、忠臣は存在しました。

石田三成がその一人です。


私も、死の瞬間まで、
自分の夢や、愛する人のために思いを強く持ち続けたらと切に願ってやみません。




★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

スポンサーサイト

カテゴリ: 石田三成

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

« 死んでこそ実を結ぶ  |  あなたが本当に欲しいもの »

この記事に対するコメント

石田三成・・・私もいい人物像は持ってないです。
細川ガラシャを知って、明智光秀に対する人物像は全く変わりましたが、石田三成は、細川ガラシャのことを読んだだけに、なかなか・・・

でも、
「大義を思うものは、
 首をはねられる最期の瞬間まで命を大切にして
 なんとか本意を達成しようと思うものだ」

の言葉は重みがありますね。


明智光秀のことを知ったように、石田三成に関する本を読んで彼のことを知ると、またその認識も変わってくるかもしれませんね。
ちょっと興味がわいたので、石田三成に関する本を読んでみようと思います。

愛希穂。 #- | URL
2011/01/10 06:24 * 編集 *

Re: タイトルなし

いつも、コメント、ご訪問ありがとうございます。

> 細川ガラシャを知って、明智光秀に対する人物像は全く変わりましたが、石田三成は、細川ガラシャのことを読んだだけに、なかなか・・・

ですよね・・・。
ましてや、細川ガラシャ側から描かれた書物を読めば、その印象はかなり悪くなると思われます。

ですが、戦国時代の人物像は後の人々によってかなりゆがめられた伝説として伝えられている場合が多々あります。現代人が、いい印象を持っている武将でも、実は現代人からするととんでもない悪行を行っていることがあります。
ガラシャのような人物こそ、あの戦国時代に生まれ育ったことに奇跡があるのかもしれませんね。
もっと、平安の時代に生を受けていればあのような最期を迎えなくて済んだかもしれません。

> 明智光秀のことを知ったように、石田三成に関する本を読んで彼のことを知ると、またその認識も変わってくるかもしれませんね。
> ちょっと興味がわいたので、石田三成に関する本を読んでみようと思います。

豊臣秀吉、大谷吉継、島左近などとの関わりや友情にも彼らしいエピソードがあります。
もし、お時間があったらぜひお読みください^^)

言蔵(ゲンゾウ) #- | URL
2011/01/12 10:06 * 編集 *

暇つぶしに(?)石田三成の石田軍記ネタを検索していてたどり着きましたww!三成、好きなんですよ(*´Д`*) 主の遺言に忠実なトコや、不器用なのか真っ直ぐなのか分からない性格が(笑)またおじゃましに来ます(○・´艸`・)

ナチコ #- | URL
2011/10/03 19:48 * 編集 *

コメントの投稿お待ちしています!

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://genzounokotoba.blog76.fc2.com/tb.php/37-c3a8588e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。