FC2ブログ
消費者金融と銀行
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

東日本大震災が起こったあの日 【6】 


TKY201103280190_convert_20110330021848.jpg


「 私はまだ何度も見て泣く元気がある。
   だからまだ何度でも心動かす元気があるなら、
        精一杯支援しようと思ったのです。」


        『LEAF PALLET』 管理人:ミリわん様のブログより



今回の東日本大震災(東北関東大震災)が、
生命、人生、生活、エネルギー問題、経済、世界情勢、
今後の日本の在り方に
大きな衝撃と課題を投げかけました。

ですが、

多くの日本人がその苦境に際して、
普段は見せることない信じられない力も見せ始めています。


私のブログにも、
大切なブログ友達、当ブログの記事を紹介して下さった方々、
見て下さっている読者の方から、
多くのコメント、メッセージをいただいています。
本当に、本当にありがとうございます。

その熱い思い、深い応援メッセージの一部を
感謝の意味も込めて、ご紹介いたします。



私の大切な友人、
『人間学を活学する為の名著選blog』の管理人である、
儒侠の瓠洲(じゅきょうのかくしゅう)さんから、
震災直後すぐにメールをいくつかいただきました。

その内の、あるメールの全文です。


「失いに失い尽くし、痛めつけられるだけ痛めつけられ、
 残されたのは体ひとつ。
 心は空虚で、先の見通しなど考えられない心境。

 皆が、立ち直れる程強くはありません。

 今は空虚かもしれません。
 だから、空虚を受け入れるしかないでしょう。
 内より元気がみなぎるには時間が掛かるのです。
 それが普通の人間の反応ですよ。

 明かにマイナスの精神状態です。
 ただ、マイナスをプラスと思い込むことは、
 精神的に無理がくると思います。

 被災した心に必要なのは自己啓発本の言葉ではないと私は思います。
 急に元気になろうとしなくても良いのです。
 今は虚無でも、空虚でも良いのです。
 あなたが失った物の大きさ、大切さを受け止めてあげてください。
 その感覚は、いつまでもあなたの隣には居たりしません。

 あなたがその空虚を味わい尽くし、大切な物の有り難さを受け入れて、
 自分の力で立ち上がれるようになったら、歩き出そうではありませんか。

 みんなあなたを急かしたりしません。
 みんなあなたを見守っています。
 みんなあなたが立ち直れると信じています。
 みんな祈っています。

 あなたが失った物と同じだけ、みんなはあなたを大切に思っているのです。」



私は本当に嬉しく、感動したのですが、
震災で命が助かり、幸運に恵まれた私よりも、

多くの大切な物を失った方々に必要な、
大切で素晴らしい言葉、メッセージだと思うのです。

また、

私のある大切なブログ友達の友人(メキシコ在住)の方から、
温かいメッセージが贈られてきました。

これは、震災を受けた方に向けての写真付きのメッセージです。

被災された多くの方のために、
朝日が上るのをを待って、ご夫婦二人で写真を撮られたようです。


201103281311422a0.jpg

ハートの形が、朝日を包んで、
その二人がそれぞれ、人という形をしています。

人と人とが手を取り合って心が一つになった時、希望が見えてくる。
私はそんな思いを受け取りました。


そして、メキシコからのメッセージ・・・。


「地震で
 大切な大切な家族を失った人
 自分の命よりも大切な愛しいパートナーを失った人
 なんでも話せた心の友を失った人
 会社のよき相談相手の上司、
 だらしないけど頼りになった部下
 そして戦友のような同僚を失った人
 家族のように思っていた犬や猫や動物たちを失った人
 ご近所のいつも可愛がっていた犬や猫を失った人

 自分の命よりも
 大切だと思っていた
 そんな
 そんな
 あなたの
 大切な大切な人を失った方

 それから
 懐かしい想い出がたっくさんつまった
 愛着のある家や学校、職場
 それらを
 失ってしまった方
 

 最後に

 この震災でお亡くなりになった
 すべてのみなさまへ
 心よりご冥福を申し上げます。


 みんなが
 朝目覚めたとき
 決して絶望に襲われませんように・・
 いつも祈ってます。

 今日も
 地球のどの場所にも
 公平に朝日は昇ります!


 朝日のエネルギーは偉大です!

 だから
 夜が明けるのを
 歯を食いしばって
 待ちましょう

 頑張っている人にがんばってっていうのは
 ほんとにつらいけど
 わたしたちは日本にいないので
 このメーセージを友達の「ちさ」に託します。

 わたしたちも
 そして
 メキシコのみんなも
 日本のことが
 いつも心の中にあることを忘れないでください」



温かいメッセージ、思い! 日本人しかと受け取りました。

世界の人々の心が一つとなる時、
私たちは、想像もしない大きな勇気と力を得ていくかもしれません。
本当に感謝、感謝です。


また、

震災後、しばらく連絡を取っていなかった
大学時代の先輩から、メールをいただきました。

その先輩は、
私が死んでいるのではないかと本気で心配してくれていました。

その一部です。


「バカヤロ…さっさと言えよ…いろいろと大変だったな…

 俺もオマエと話したいことがあるよ…いろいろと…

 どれだけ掛かるか判らないけど、穏やかな日常が戻ったら
 今度は逢ってゆっくり飲みながらでも話そうな(笑)…

 まぁ何よりも今の事態が好転しないとな…。

 不謹慎な言い方だけど、このピンチを楽しめ!!
 ちっぽけな自分一人の力ではどうにもならないことばかりだろうけど…、
 周りの悲惨さにうちひしがれても…
 そんなときテメェでテメェに酔いしれれば気合いが入る…

 俺がやらねば誰がやる!って(笑)そういうの得意だろ!!(爆)

 頑張れよ」


先輩・・・、無許可でメール載せてしまってすみません(汗)



そして、冒頭にご紹介したのが、
私のブログ記事を紹介して下さったブロガーの一人、
ミリわんさんの力強い言葉です!


その他にも多くの方に、記事を紹介いただき、
ありがとうございました。
また、応援メールやコメントを送っていただいた方々、
本当にありがとうございます(^^)



被災地では、だんだんとニーズや課題、問題が変化してきています。

次回は、私が直に見て聞いてきた被災地の現状と課題について、
私なりの視点でお話しできればと思っています。

「東日本大震災が起こったあの日」のお話もとりあえず、
次回で最終回とします。

今後は、振り返るのではなく、
前に行くために、私たちは進んでいくべきでしょう。




足元を見ながら遠くを見据えて、
三歩進んで二歩下がりつつも、
希望を描き、笑顔を携えながら行進しましょう!

知られざる果てしなき未知の未来に向かって。



最後に・・・、枝野官房長官からどうぞ。







★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

スポンサーサイト



カテゴリ: 東日本大震災が起こったあの日、私は・・・

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル: その他