FC2ブログ
消費者金融と銀行
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

東日本大震災が起こったあの日 【1】 


daisinnsai_convert_20110319003455_edited-1.jpg


「 さらに津波が来る恐れがあります!
  若林区役所まで津波が来ました。
  すぐに避難してください!
  できるだけ、できるだけ、
  西の方に早く逃げてください!  」


 

地震が起こったその日、私は近所を歩いていました。
気温が低く、横殴りに雪交じりの風が吹いていました。

新築中の新居の工事の様子を窺いに、
仮住まいの家から徒歩で向かっていた最中でした。

工事中の新居の前まで来ると、
それは突然やってきました。

「・・・・・・・?!!」

最初は小さな長い揺れが続き、
うねるような信じられない激震が襲ってきたのです。

それは立っていることができない、
経験したことのない大きな揺れでした。

大きな地鳴りと建物がきしむ無数の音・・・
目の前の電信柱が揺れ、悲鳴がどこからか聞こえてきました。

各家庭から、人が飛び出してきます。

目の前の家からは、赤ちゃんを必死に抱きしめた
若いお母さんが飛び出してきて、地面にうずくまります。

電信柱が折れて、倒れてくるのでは・・!

そんな恐怖を感じるほど、何度も強振します。

若いお母さんに

「大丈夫ですか!」

と声をかけるも、揺れが激しすぎて近寄れません。
赤ちゃんを抱いたお母さんは震えながら
「大丈夫」だとうなずいていました。

揺れがやっと収まってくると、
ハッと我に帰りました。

これは・・・大変な事態になってくる!!

揺れが収まって、すぐに携帯が使えなくなる前に、

「私は無事です。皆は無事?」

と親などにメール送信。
すぐに職場の上司にも同様に送りました。

すると、わずか数分で携帯が通信不能になりました。

仮住まいに戻ると、家の中は倒れてきたもので一杯。
割れたガラスが廊下に散乱していました。
壁が崩れて、落下しており、
通れなくなっている所もありました。

私はライフラインが寸断されることを想像し、
近くのコンビニエンスストアに車で向かいます。

「信号機がすべて消えている・・・」

各地の道路で車の渋滞が始まっていました。
交通整理をする者もおらず、
交差点は非常に危険な状態です。

コンビニに着くと、
既に、多くの方が、水や食料を買い求めるために、
レジに並んでいました。

コンビニの店内は割れた酒瓶の匂いが充満していて、
商品が無数に床に散乱していました。

かごいっぱいに商品を買い込むと、
車に乗り、状況を把握するために、
ワンセグ放送でテレビを付けて見ます。

「・・・・・・震度7!!?」

信じられない情報が次々と報道されていました。

再び、ハッと我に帰りました。

すぐに、職場に向かわなければ!

私の職場は特別養護老人ホームで、
130人の入居者と30人のデイサービス利用者がいました。

ライフラインを断たれると、
食糧などの備蓄も数日で尽きてしまい。
援助が無ければ、最悪の事態も考えられます。

道路は渋滞もあり、危険でしたが、
18キロほど離れていた職場に向かうことを決意。
家族、友人、同僚、施設利用者の無事を祈りつつ、
エンジンキーを回しました。

その時でした、

仙台市若林区役所の広報車が近寄ってきます。


「さらに津波が来る恐れがあります!
 若林区役所まで津波が来ました。
 すぐに避難してください!
 すぐに避難してください!
 できるだけ、西の方に早く逃げてください!」


「・・・・・・」

その広報車が言っていることにわかには信じられませんでしたが、
あの大地震の後の市の広報車の言葉です。

職場はちょうど西の方角にありました。

家に用意してあった災害用の避難用品と
毛布、水、着替えなどを車に急いで積み込み、
西の方に向かって行きました。

幸い、私自身は直接津波を見ることもなく、
直に被害を被ることもありませんでした。

しかし、

それから、長い長い混乱と苦境が待っていようとは・・・

その時はまだまだ、状況を楽観しており、
何も分かっていない無知な自分が、
ただただ西に向かって車を走らせていました。


次回に続きます。


 

 ★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

  

カテゴリ: 東日本大震災が起こったあの日、私は・・・

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル: その他

仙台の言蔵はなんとか無事ですが、しかし・・・ 


当ブログに来てくださる読者のみなさん、
ブログ友達、足とも、ブロとものみなさんより、

「言蔵さん、大丈夫ですか?!」
「がんばれ!言蔵」
「無事ですか?心配しています」


との多くのメッセージをいただいています。

瓠洲さん、ちぃさん、別府葉子さん、kyoさん・・・

それ以外にも温かいお言葉と励ましのメッセージ。
本当に本当に、ありがとうございます!!
言蔵は勇気と希望をいただきました!


やっと、電力、水道、携帯の電波が回復しました。
現在、自宅ではなく少し離れた実家に避難しています。
言蔵はなんとか無事ですが、

私のいる仙台市若林区も惨憺たる状況で、
死者、行方不明者は多数・・・

市内の普通の家庭でも食糧、ガソリン、灯油が
非常に手に入りにくい状況となっています。
避難所などはさらに深刻な食糧、物資不足です。
私は無事です、などと素直に喜べない状況です。

また、私の職場の老人福祉施設は、
ライフラインが断たれたまま・・・
食糧、水、薬品など救援物資なども届かず、緊急を要する状態です。


こうして、記事を投稿している今も余震で揺れています。

NHKは、この前代未聞の巨大地震を、
「東北関東大震災」と命名したそうです。


また、たった今、福島原発の核燃料棒が
溶け始めている(!)可能性との情報も入ってきています。
大変深刻な事態です。

現在、ネット環境が限られておりまして、
この記事も、携帯の電波を使用し投稿しています。
現在、いただいたメッセージ、コメント、
おひとりおひとりにお返事するのが難しい状態です。
申し訳ありません。

ですが、みなさんのありがたいお言葉、メッセージに
言蔵、勇気をいただいています。


明日には、なんとか
私が見た詳しい状況をお知らせしたいと思います。

多くの温かいメッセージ、本当にありがとうございます!



【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 私は無事ですが・・・

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル: その他

明日訪れる成功 


a0002_004077_m_convert_20110309022902.jpg


「 元気を出しなさい
   今日の失敗ではなく
    明日訪れるかもしれない
     成功について考えるのです 」
               

                      ヘレン・ケラー


■ヘレン・ケラー:教育家。社会福祉事業家。
         2歳の時に高熱にかかり、聴力、視力、言葉を失い、
         話すことさえできなくなるが、盲学校出身の
         家庭教師アン・サリバン(かつて盲目であった)の
         献身的な教育を受け、「言葉」の存在、意味を知る。
         自らも重い障害を持ちながら、
         世界各地を巡り、障害者の教育、福祉に尽力した。



「病は気から」
「物は考えよう」
「笑う門には福来たる」

などと、現代社会でよく使われる言葉もありますが、
本当にその言葉の意味を信じて、使っている人は少ないのではないでしょうか?

人は思ったこと、感情として感じたことを、
具現化する不思議な生き物です。


ある医学の研究データで、
よく笑う人とそうでない人の病状の変化を研究した学者がいますが、
明らかによく笑う人の方が、病状の改善が顕著に表れたそうです。

ある研究では、楽しい経験、満たされた経験、笑って過ごした人の
がん細胞は増殖が止まった、あるいは減ったとのデータもあるそうです。


いま、思いだしましたが・・・

あるテレビ番組で、山登りが好きな余命3カ月の末期がんの方が、
人生の最後に山登りがしたいと、切に願い、
医師の制止を振り切って、登山をしたそうです。
彼は妻が同行し、登頂を成功させました。

しかし・・・

下山して後に、分かったことですが、

なんと、がん細胞が明らかに減少していたことがわかったのです。
これには医師も信じられないと唸ったそうです。



人間、生きていけば、悪いことが起きます。
望まないことが、折り重なって降りかかることもあります。

今日失敗したことを思い煩って、そのことを悩んでいれば、
あなたの心のがん細胞は減ることはないでしょう。

あなたが望むことがあれば、
明日そのことが起きることを専念して想像しましょう!


もし、明日いいこと、望んだことが起きれば予定通りOK。

もし、望んだことが起きなくても・・・
必ず、予定しない嬉しいこと、良かったことが起こります。

これは、あなたにもぜひ実行していただきたいです。

「明日訪れるかもしれない、成功について考えるのです」

ヘレン・ケラーが遺した言葉だからこそ、
その言葉に重みがあります。


こういった、心構え、心の向きを整え、日常に向き合っていくことは、
見えないものを追っていくようで、とても不安になるかもしれません。
その過程が目に見えないからです。

ですが、だまされたと思ってぜひ試してみてください。

徐々に変化する人生にワクワクすることでしょう。


喜びも悲しみも、あなたが選んだ方向についていきます。

悩んでいても、喜んでいても、
時は待つことなく過ぎて行くのです。

どうせ同じ時間が過ぎていくのであれば、
たった一度しかない人生が経過していくのであれば、

明日は、あなたにとって、楽しく、喜ばしく・・・

あなたにしかできない想像を思い描き、生きてみませんか^^)





★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: ヘレン・ケラー

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

ふたたび始まる、ドラマのために 







「 さあ行くんだ その顔をあげて
   新しい風に 心を洗おう
    古い夢は 置いて行くがいい
     ふたたび始まる ドラマのために 」


                ゴダイゴ 『銀河鉄道999』より


■ゴダイゴ:昭和を代表するロックバンド。独特のアジアンテイストが特色。
      『銀河鉄道999』『ガンダーラ』『Monkey Magic』
      『ビューティフル ネーム』などのヒット曲がある。

■歌詞全文はこちらです→ゴダイゴ 『銀河鉄道999』の歌詞



貧困の中に生き、母を殺された主人公星野鉄郎は、
夢の銀河鉄道999に乗れるパスを手に入れます。
永遠の命を約束してくれる、機械の体をもらえる謎の星に向かって、
様々な思いを胸に、銀河を超え無限の宇宙へ旅立ちます。
謎の美女、メーテルとともに・・・。


そんな作品、『銀河鉄道999』の劇場版テーマソングが、
ゴダイゴが歌うこの名曲です。

アニメ作品自体の素晴らしさももちろんあるのですが、
この曲はいい言葉、メッセージが詰まっている名曲です。

どの曲もそうですが・・・

自分の生きざま、想い出とフィードバックさせて、
自分のこれからの進んでいく力に変えていくことができます。


あなたが何かにに本当に尽くしてきて、
あなたが求め、叶えようと思ってきたこと。

あなたが与え、育ててきたこと、
あなたが本当に好きで魂を入れてきたこと。

それが、はかなくも無情に崩れることが、人生には訪れることがあります。
長く生きていればいるほど、そういった出来事が何度も訪れるでしょう。

長く積み上げてきたものを、失った時。
信じていた大切なモノをに裏切られたと感じた時。
災害、事故で愛する人を亡くした時。

中には、幼いがゆえに、無知なゆえに気づかず、
無意識のうちに大切なものを失うこともあるでしょう。

生きてゆくことは、楽な道程ではありません。
そして、取り返しのつかないことが起こるのもまた人生です。

ですが、

人はいつでもやり直せる。

いくら若くても、いくら年をとっていても、
自分がここがスタートだと思ったときが、
その人の生き方の本当の始まりとなるのです。



冷静に考えてみましょう。

あなたを作り上げてきたのは、
一秒前までのあなたの生き方、環境、あなたが自分の責任で選んできた結果が、
今のあなたを産んでくれています。

それは良くも、悪くもです。

では、

これからのあなたを産んでくれるのは、
今この瞬間の生き方、あなたが自分の責任で今選んだモノが、
明日、明後日・・・、何十年後のあなたの未来を産んでくれることになります。


始まりは、いつも今この瞬間なのです。

そして、

その始まりは、あなたが今決めていいのです。

「 さあ行くんだ その顔をあげて
   新しい風に 心を洗おう
    古い夢は おいて行くがいい
     ふたたび始まる ドラマのために 」



悩むことはありません。

あなたが生きているこの瞬間の連続は、
今、水面から飛び立とうとする水鳥のように、
あなたがその心を決し、ふたたび飛び立ち、進み出すために、
いつでも深呼吸して待っています。

そう、「ふたたび始まる ドラマのために」・・・




★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: ゴダイゴ

テーマ: 心に響く言葉・メッセージ - ジャンル: 心と身体