消費者金融と銀行
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

cm: --
tb: --   

避けられない道 


wmn0011-009_convert_20101018180409.jpg


「 長い道にはなあ
  どんなに避けようとしても
  どうしても 通らなければならない道ー
  てものがあるんだな

  そんときは その道を
  黙って歩くことだな
  愚痴や弱音を吐かないでな

  黙って歩くんだよ
  ただ黙ってー
  涙なんて見せちゃダメだぜ!!

   そしてな その時なんだよ
   人間としての いのちの根が
   ふかくなるのは・・・・     」


                       相田みつを

■相田みつを:詩人。書家。1991年、永眠。


人生を歩んでいくと、どうしても避けられないものがあります。
「別れ」「絶望」「不安」「死」・・・・
いずれも、人間である限り避けては通れない経験があります。

しかし、その経験から逃げることも不可能ではないかもしれません。

自分から行動を起こさず、
リスクのあるものは避け、
何の主張、こだわりも持たず、
決して目立たず、
課題や目標を持たず、
誰とも深い関係を持たず・・・

あるいは、そういった生き方ができれば、
人は多くの苦しみから逃れられるのかもしれません。

ところが、

人は一人では生きられません。
人は生まれ持って、
何の経験もなしに何かを得ることができないように作られています。


あなたが、
もし何かに悲しんでいる時、
何かに絶望している時、
大きな何かに遮られた時、
努力が実らない時、

そっと・・・ひっそりと・・・

地中深く根を伸ばし、
雪深い冬を越し、
春に花を咲かせる準備をしているのかもしれません。


避けられない道・・・

急がず、止まらず、あきらめず、
歩いていきませんか?





★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】


スポンサーサイト

カテゴリ: 相田みつを

テーマ: 散文詩 - ジャンル: 学問・文化・芸術

明日は来るよ君のために 





「 涙の数だけ強くなれるよ
   アスファルトに咲く花のように
    見るものすべてに おびえないで
       明日は来るよ 君のために 」


                    岡本真夜

■岡本真夜:シンガーソングライター。上海万博側の盗作疑惑が記憶に新しい。
      現在は歌手としてだけでなく、エッセイや写真の個展を開くなど
      多方面に活躍中。写真の腕前はプロ顔負けという。

■歌詞全文はこちらです→岡本真夜『TOMORROW』の歌詞



悲しい出来事、つらい出来事、
人生何年も何十年も生きていれば、数えきれないほどの悲しいことが訪れます。

悲しいことにも大小はあり、
次の日に忘れてしまうこともあれば、
一生消えない悲しいこともあります。

その悲しい時、

あなたは悲しみを抑えなくてもいい。
あなたが悲しんでいる自分を否定しなくてもいい。
泣くことを恥じることもない。

なぜなら、
あなたは悲しみを乗り越えるたびに強くなれるから。
昨日とは違う自分に出会えるから。
想像もしなかった新しい自分が始まるから。


この曲の言葉からはそういった
静かに力強いメッセージが伝わってくるのです。


実際、彼女は幼いころ両親が離婚し、子供のころいじめにあっています。
家出同然で上京し、貧しい生活の中、歌手になる夢を実現させています。


私も悲しい出来事、
自分が招いたつらい出来事がありました。

また、
悲しんでいる人、
つらい思いで立ち上がれなくなっている人、
そんな人たちにも多く出会いました。

でも、さらに私たちが気付かなくてはいけないことがあります。

それは・・・

自分が悲しみから立ち上がることで、強く新しい自分になれる。
その自分そのものが何かのメッセージや感動の力となって、
さらに、自分以外の悲しみの中にいる多くの人たちの
杖となり、道しるべとなることができるのです。


それはまた、逆もまた真なり、なのです。

悲しいことがあったら、
「よくいらっしゃいました」
とでも挨拶してやりましょう。

そして、悲しみを糧として、踏み台にして、
もっと大きく強く新しくなった自分を想像しましょう!

そんなあなたを見て、あなたの周りの人も
強く新しくなっていくに違いありません。

きっと、想像は現実となっていることでしょう。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 岡本真夜

テーマ: 心に響く言葉・メッセージ - ジャンル: 心と身体

ドラえもん 


ant0003-012_convert_20101219214742.jpg


「 目が前についてるのはなぜだと思う?
   前へ前へと進むためだ!
     過ぎたことにくよくよせず、
        前向きに頑張りなさい。」


               のび太の担任の先生 小学館『ドラえもん』より

■『ドラえもん』:皆さんご存じ、藤子・F・不二雄による、SF漫画。
         国民的人気を誇り、アニメは海外でも放送され支持されている。



この言葉に大変感動したのび太は、この感動を誰かに伝えたくて仕方がありません。
クラスメイトのしずかちゃんに得意げに話します。

「目が前についているのはなぜでしょう」

突然話しかけられて、謎かけのような言葉に、
しずかちゃんは冷静に返答します。

「決まっているわ、後ろについていたら髪の毛が邪魔だもの」

ガーーン!!!

こんなやり取りで、ストーリーが進んでいくのですが、
しずかちゃん、あまりと言えばあまりな答えっぷりです。

しかし、

冷静になって考えてみると、
なぜ、目は前についているのでしょうか?

生物学などでは、
目の前の獲物を捕える必要がある肉食獣は、獲物までの距離を測定するために、
目が二つ前方についているとされています。
逆に、草食獣は獲物を捕える必要性よりも、
外敵の接近を探知する必要に迫られて、視界の広さが求められたために、
目が一つずつ左右の側面についているとされています。

などといった生物科学的な見解はあるものの、

この先生の名言の真意は、
もっと人生の歩み方をポジティブに捉えることで、
その人の今後の生き方が、大きく変わって行く。
そう伝えたかった事は明白です。

人生不思議なことに、
前向きな人には、
前向きな人、モノ、出来事、が集まってきます。

逆に、
自分はもう駄目だと、思い悩んで、
ネガディブな思考、感情に支配されると、
ネガティブなものが、あなたにめがけてやってきます。

広い意味で、「類は友を呼ぶ」と同じことです。
あなたの今のこころのあり方、思いの向き、
それらが全て今あなたに必要なものを、
善悪問わず、呼び寄せたものと言えるでしょう。


少なくとも肉食獣は、逃げる為に目が前に二ついているのではありません。
目の前の捕えるべき獲物を狙うために、目が付いているのです。

どんな困難に見舞われても、
どんな悲しみに襲われても、

あなたは生まれつき目が前に付いています。

生まれついて、あなたは前に進むために生まれてきたのです。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】


カテゴリ: ドラえもん

テーマ: 心に響く言葉・メッセージ - ジャンル: 心と身体

下へ下へと伸びろ 


han0028-009_convert_20101229234913.jpg


「 何も咲かない寒い日は、
    下へ下へと根を伸ばせ。
      やがて大きな花が咲く。 」


            高橋尚子(高校陸上部の恩師・中沢正仁氏から)

■高橋尚子:シドニーオリンピック金メダリスト。愛称、Qちゃん。
      現在は、スポーツキャスター。大阪学院大学特任教授。
      途上国の子供たちに靴を送る活動を展開。
      また、北海道伊達市にて「Qちゃんファーム」と称し、
      農場で野菜作りにも取り組んでいる。



高橋尚子さんも、金メダリストして現在も各方面で活躍されていますが、
決して華やかな人生を歩んできたわけではありませんでした。
高校時代は、インターハイ800メートル走で予選に落ちるなど、
決して日本のトップランナーではありませんでした。

そんな彼女が座右の銘にしている言葉です。


努力や人生の苦労は、実に正確にその人の人生を作っていきます。

それは、ある意味農業や園芸に例えられます。


あなたは土を作り、耕し、種をまきます。

雨の日も、寒い日も、風が強い日も、
水をまき、その成長に必要な環境を
来る日も来る日も管理し、整えていきます。

それは時として、朝も昼も夜も、
何日も何十日も続きます。

何も変化のない大地を見つめて、
あなたはときどき不安になります。

「種は死んではいないか」
「根が張っているんだろうか」
「そろそろ芽が出てきてもいいころなんだが」

そういった思い、不安から、つい土を掘り返してみたくなります。

芽が出てこない不安から、その種そのものを殺してしまう行為を、
耐えきれず行ってしまっているのです。


あなたの植えた種はどんな種ですか?

あなたにしか植えられない、新種の種でしょうか?
芽が出るまで、とても時間がかかるものでしょうか?
芽が出るまで、とても経費のかかる品種でしょうか?
24時間、見守りと管理が必要な、努力を要するものでしょうか?
あなただけではなく誰かの助けを借りて、初めて芽が出るものでしょうか?


どんな種でも、

寒い時には、大地に根を張り、じっと寒さに耐え、
頭上に石やアスファルトがあれば、持ち上げる為の力を蓄え、
視線は決して下に落とさず、
何も見えない暗闇の中、疑うことなく日の光を信じて、
一日一日、わずかな上昇を続けているのです。


その耐えて、信じる力は、
自分の価値観の中で大きなものを得るための希望や努力を継続する力となり、
種が成長すれば、いずれ開花し実をむすび、新たな種を作り出します。
その種が、さらに多くの種を生み出すことで、
あなたの意思や思いを継いでいく、
世代を超えた強い不動の力にすらなっていくはずです。

成果が出ない時、
努力が報われない時、
愛情が伝わらない時、
愛されることのない時、
孤独でさびしくふるえている時、

上へ上へと花を咲かせるために、
下へ下へと伸びていきましょう。


暗闇の中で、静かに上に向かっていく種のように。




★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 高橋尚子

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

未来 


sor0077-024_convert_20110119200745.jpg


「 何もかも失われた時にも、
    未来だけはまだ残っている  」


                           ボブ・ディラン

■ボブ・ディラン:米国のシンガーソングライター。
         グラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞。
         詩人としてノーベル賞にノミネートされ、2008年には、
         ピューリッツァー特別賞を受賞している。
         アメリカ文化に大きな影響を与えたシンガー。



「何もかもが失われた時」とは、
いったいどんな場合を指すのでしょうか。

目を閉じて全ての場合を想像してみてください。

お金を失った時。
大きな財産を失った時。
愛する人を失った時。
愛情を失った時。
信頼を失った時。
記憶を失った時。
身体的な能力を失った時。
自分の居場所を失った時。
人生の目標を失った時。

などなど・・・

失うことで、目の前に行き先も、目的地も見失い、
目の前を照らす光さえも見失ってしまう時、

人は「絶望」という言葉で、
自分のこれからの進むべき道を
自ら閉ざしてしまうことがあります。

ですが、
ボブ・ディランは自信を持ってそのことを否定しています。

「未来だけはまだ残っている」


全てが失われてしまったと、思っているあなた。
自分をあまりに過小評価していませんか?

この世に存在している全ての人、
それはどんなに若くても、
どんなに年をとっていても
どんな境遇に生まれていても、
取り返しのつかない大切なものが失われても、

これからやってくる時間と可能性は、誰にも否定できない現実でもあるのです。

それは、未来のことは誰にも予想できない、ということと同意義でもあるのです。
 

先月、私の職場の男性の同僚が、心筋梗塞で突然亡くなりました。
31歳の若さで、若い妻と二人の幼い子供を残して。

彼とは一緒に仕事をしたこともあり、
亡くなる2日前に笑顔で会話をしていました。

職場で、一緒にオリジナルのコントを演じて、
好評だったこともありました。

彼がもうこの世にいない・・・
未だに信じられない気持でいっぱいです。

命を失った彼は、未来の全てを失ったと言っていいのでしょうか?

彼の幼い子供たちは、父の思い出を糧に人生を歩んでいくでしょう。
彼の遺していった、多くの人々に与えられた優しさや行動、成果は
多くの残った者の力となり、勇気となることでしょう。

亡くなった彼でさえ、決して未来は失っていないのです。

しかし、生きている私たちだからここそ、
作り出せる未来が残っているということが言えることは確かです。

生きている、私たちにできることがどれだけ可能性を秘め、
無限の未来が待ち受けていることか・・・目を覚ます必要がありそうです。



「 何もかも失われた時にも、
    未来だけはまだ残っている  」

あなたが苦しみの中にいる時、絶望している時、悲しみに襲われている時、
呪文のように言葉にしてみると、不思議と心が前に進み始めます。

「初めに言葉ありき」です。
心も体も巡り会わせも、言葉の後に不思議とついてきます。


ゆっくりと行きましょう。誰にもわからない未来に向かって。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: ボブ・ディラン

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

たとえば10年後、20年後、あなたは何をしていますか? 



アンジェラ・アキ「手紙」 投稿者 rapidstyle




「 人生の全てに意味があるから
      恐れずにあなたの夢を育てて 」



              アンジェラ・アキ 『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』


■アンジェラ・アキ:シンガーソングライター。ジャズピアニスト。
          2004年9月、シングル「NOME」でメジャーデビュー。
          同曲で、、第57回NHK紅白歌合戦に初出場。
          第75回NHK全国学校音楽コンクール中学生の部課題曲に
          「手紙~拝啓 十五の君へ~」を提供。多くの共感を呼ぶ。
          徳島弁で話し、眼鏡は伊達眼鏡。

■歌詞全文はこちらです→アンジェラ・アキ『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』の歌詞



もし、あなたが今何かに悩んでいるとしたら、
それはどんな悩みですか?

その悩みは、今の自分にとってどんな意味がありますか?

悩んでいる・・・、その時は悩むこと自体に意味など見出せないでしょう。

ただ苦しいだけ、
ただ立ち止まるだけ、
ただ何かにぶつかるだけ、
たださ迷うだけ、

ですが、

あなたが、少しだけ、
あるいはとても時を重ねた時、

そう、多くの苦難や悩みと出会い、時を重ねた時、
多くの人と出会い、人や心のことを学んだ時、
とても大変な大きなモノを背負わなければならない経験をした時、

その苦しみが、何かを気付かせてくれるときがあります。
なにかを感じさせてくれる時があります。

過去に背負った苦しみを経験に変えた時、
本当の経験という意味を知るかもしれません。


10年前、20年前・・・、
あなたが悩んでいた、苦しんでいた、
あのことはどうなりましたか?

あなたを苦しめ続けていますか?
あなたを立ち止まらせていますか?

本当に苦しんだ時、
本当に悩んだ時、

人はその経験を、決して水に流して真っ白にはしない。

たとえ、それが誰にも決して言えない経験であったとしても。

そして、
今悩んでいることも、10年後、20年後・・・
どうなっているでしょう。

想像できないかもしれませんが、

あなたが人生を歩むための道標となり、
道となり、線路となり、進んでいくための車輪となっていることでしょう。
道なき道を進んで行くとてつもない力となっているでしょう。


ここで、YouTubeに投稿されていた、印象深いコメントをご紹介します

「涙が溢れて止まりませんでした。こんなに感動したことは今まであ­りません。 ちなみに私には妻と2人の高校生の子供がおり、それなりに一生懸­命生きてきましたが、アンジェラさんは、徳島で日本人とアメリカ­人のご両親の間に生まれ、岡山で育ち、アメリカの大学を出て、結­婚し、離婚し、すごく苦労してこられた。そんな背景がありながら­、アンジェラさんはメジャーになってもなお、とても謙虚で周囲に­はとても優しく、離婚の経験も自ら告白し、そして再婚して、すご­く努力して生きておられる。 こういう努力をされているからこそ、こんなに感動的な音楽が生ま­れるのだと思います。(アンジェラさんの音楽は、苦労が多い人ほ­ど感動するような気がします。) アンジェラさん、尊敬しています。決して行き急ぐことなく、末永­く良い音楽を作り、歌ってください。応援しています。」

kh001000さんのコメントより。


私も、最も悩んでいる時期にこの曲と出逢いました。
この曲から受けた気付きは、私にとって大きな財産となっています。

「人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて」

あなたが喜ぶこと、うれしいと思うこと、
苦しいこと、とてもつらいこと・・・、

そのすべてに間違いなく意味があります。
その意味を受け止めて、あなただけの未来を歩んでいきましょう。
そして、あなただけの答えを見つけていきましょう。


10年後、20年後・・・

必ず良かったと思える自分を、今信じて・・・




★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: アンジェラ・アキ

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

敵に向かって逃げろ! 


a0777_000038_m_convert_20110227231713.jpg



「 老武士のため、
   伊吹山の大山を越え難し。
    たとえ討たれるといえども、
     敵に向かって死すべしと思う 」


                     島津 義弘

■島津義弘:薩摩国の戦国大名。九州一の猛将。島津氏、第17代目当主。
      兄義久とともに各地を転戦、特に武功において島津氏勢力拡大に
      大きく貢献した。関ヶ原の戦いでは、前代未聞の撤退戦を実行。
      諸大名に畏敬された。




慶長5年(1600年)、徳川家康が上杉景勝を討つために軍を起こします。
関ヶ原の戦いの発端です。


島津義弘は徳川家康の要請を受け、京都の伏見城に孤軍籠城している、
東軍(徳川軍)、鳥居元忠の援軍として、1000名の軍勢で駆けつけます。

しかし、何の連絡トラブルか、
連絡を受けていないとして、入城を拒否されてしまいます。

その間の出来事は、諸説あれ、
島津義弘軍は、西軍に味方することになります。


関ヶ原に布陣すると、
数時間後、戦況は西軍の裏切りが発端となり、劣勢へと追い込まれます。

そのうち、西軍は総崩れの様相を呈してきます。

自軍の周りにいた西軍各将が崩れていくと、
島津隊は退路を遮断され、敵中に孤立することになってしまいます。

この時、島津義弘は甥の島津豊久の進言もあって、
その進退を決意することになります。


「 老武士のため、 伊吹山の大山を越え難し。
  たとえ討たれるといえども、 敵に向かって死すべしと思う 」



島津義弘は、前代未聞の撤退戦に挑みます。

敵に背を向けて撤退するのではなく、
前線だけで数万、総勢二十万を超える軍勢の中央を突破し、
撤退する作戦に出るのです!


わずか1000名の軍勢は徳川軍の中央を果敢な勢いで進み始めます。
この時の陣形、戦法は「捨てがまり」と言われ、
自軍の犠牲を前提にした、壮絶な陣形を取ります。

東軍は島津義弘の信じられない行動に一瞬あっけにとられます。

しかし、すぐに前衛いた勇猛で知られた福島正則隊と衝突します。

しかし、

その死を覚悟しながらも撤退する意思を持った、あまりにすさまじい戦いぶりに、
戦う愚かさをを悟った福島正則は、家臣に戦うことを禁じたと言われています。


その後、島津義弘本人は無事に薩摩本国に帰還します。
1000人いた島津軍は80人ほどになってしまっていたと伝えられています。

その果敢な戦いぶりは、すぐに全国に轟きます。


関ヶ原の戦いの戦後処理において、
島津家は、領地を安堵されました。

色々と理由はありますが、
島津義弘や軍備が健在の、島津家を敵に回すことを嫌った、
徳川家康の最終的な判断のようです。

その判断の結果、徳川家は250年後に、
島津家(薩摩藩)にその存在を脅かされることになります。



なにか、目前に大きな窮地が訪れた時、
大きな判断を迫られた時、

目前の課題、難題を回避することも英断と言えるでしょう。

ですが、

敵に背を向けて逃げることが、
最善と言えるとは限らないこともあります。

あなたが逃げていく方角には、
あなたが後悔し、誰かが悲しむことはありませんか?

あなたが逃げていく方角には、
本当に未来がありますか?

逃げていく方向には、
もっと愛することができる何かがありますか?


人生にはそんな判断を迫られる時があります。
それは次の人生を生みだしていく、大きな分かれ道でもあります。

どうせ逃げるなら、勇気を持って、
未来と誇りのある方向へ決死の覚悟で逃げましょう。
敵のど真ん中を逃げてやりましょう。


最も困難で、誰も進まない方向に、
最も幸運な未開の道が続くこともあるでしょう。


目前に迫る難題、窮地にあえて立ち向かうことで、
撤退を成功させ、島津家を守った島津義弘。

その行動は、250年の時を超えて、薩摩藩の歴史・・・
また結果として日本の歴史に影響を与えたと言っても過言ではないでしょう。

ちょっと言いすぎでしょうか^^)
 



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 島津義弘

テーマ: 歴史上の人物 - ジャンル: 学問・文化・芸術

明日訪れる成功 


a0002_004077_m_convert_20110309022902.jpg


「 元気を出しなさい
   今日の失敗ではなく
    明日訪れるかもしれない
     成功について考えるのです 」
               

                      ヘレン・ケラー


■ヘレン・ケラー:教育家。社会福祉事業家。
         2歳の時に高熱にかかり、聴力、視力、言葉を失い、
         話すことさえできなくなるが、盲学校出身の
         家庭教師アン・サリバン(かつて盲目であった)の
         献身的な教育を受け、「言葉」の存在、意味を知る。
         自らも重い障害を持ちながら、
         世界各地を巡り、障害者の教育、福祉に尽力した。



「病は気から」
「物は考えよう」
「笑う門には福来たる」

などと、現代社会でよく使われる言葉もありますが、
本当にその言葉の意味を信じて、使っている人は少ないのではないでしょうか?

人は思ったこと、感情として感じたことを、
具現化する不思議な生き物です。


ある医学の研究データで、
よく笑う人とそうでない人の病状の変化を研究した学者がいますが、
明らかによく笑う人の方が、病状の改善が顕著に表れたそうです。

ある研究では、楽しい経験、満たされた経験、笑って過ごした人の
がん細胞は増殖が止まった、あるいは減ったとのデータもあるそうです。


いま、思いだしましたが・・・

あるテレビ番組で、山登りが好きな余命3カ月の末期がんの方が、
人生の最後に山登りがしたいと、切に願い、
医師の制止を振り切って、登山をしたそうです。
彼は妻が同行し、登頂を成功させました。

しかし・・・

下山して後に、分かったことですが、

なんと、がん細胞が明らかに減少していたことがわかったのです。
これには医師も信じられないと唸ったそうです。



人間、生きていけば、悪いことが起きます。
望まないことが、折り重なって降りかかることもあります。

今日失敗したことを思い煩って、そのことを悩んでいれば、
あなたの心のがん細胞は減ることはないでしょう。

あなたが望むことがあれば、
明日そのことが起きることを専念して想像しましょう!


もし、明日いいこと、望んだことが起きれば予定通りOK。

もし、望んだことが起きなくても・・・
必ず、予定しない嬉しいこと、良かったことが起こります。

これは、あなたにもぜひ実行していただきたいです。

「明日訪れるかもしれない、成功について考えるのです」

ヘレン・ケラーが遺した言葉だからこそ、
その言葉に重みがあります。


こういった、心構え、心の向きを整え、日常に向き合っていくことは、
見えないものを追っていくようで、とても不安になるかもしれません。
その過程が目に見えないからです。

ですが、だまされたと思ってぜひ試してみてください。

徐々に変化する人生にワクワクすることでしょう。


喜びも悲しみも、あなたが選んだ方向についていきます。

悩んでいても、喜んでいても、
時は待つことなく過ぎて行くのです。

どうせ同じ時間が過ぎていくのであれば、
たった一度しかない人生が経過していくのであれば、

明日は、あなたにとって、楽しく、喜ばしく・・・

あなたにしかできない想像を思い描き、生きてみませんか^^)





★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: ヘレン・ケラー

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

「運」は大切なものを奪わない 


ob_046[1]_convert_20110427235536



「 運は、我々から
    富をうばうことができても、
      勇気をうばうことはできない 」


                ルキウス・アンナエウス・セネカ


セネカ:ローマ帝国時代の政治家、哲学者、詩人。
    第五代ローマ皇帝ネロの幼少期の家庭教師としても知られている。




私たちは、ふと「運」という言葉を使います。

「運」とは何でしょうか。

計算することができない、出来事でしょうか。
予測することができない、出来事でしょうか。
その人に巡ってくる、因果応報のことでしょうか。

そもそも、私たちがいう「運」というものが、
私たちのいるこの世に存在するのでしょうか。


予測できない出来事が人生を変えてしまう。

その不可解な、受け入れがたい、あるいは好まれる巡り会わせ・・・

私たちは、そのことを「運」と呼んでいるのかもしれません。

私たちは、人間が後から作り出した枠組みやルール、
概念や常識というものに支配された世の中に生きています。

「運」というこの言語も、
私たちが生きていく上で、
後に定義されたものに過ぎないものかもしれません。


しかし、


「運」の定義はともかく、

その出来事は、
ある日突然、その人の人生を大きく変える力を持っています。

その出来事は、様々な形を持って、
挨拶をすることもなく、何の前触れもなく突然訪れます。


その出来事が、その人の悲しみや苦しみを呼び込む時、
私たちは、その予測できない出来事を前にして、
絶望に瀕し、悲しみに暮れます。

ですが、

目に見える、形ある物を奪われても、
私たちは、目に見えないものを失っていないことに、
ある時、ふと気付きます。


悲嘆している時に見えなくても、
あなたは、「ある時」、気付くはずです。

形あるものが、失われたからこそ気付くはずです。


その「ある時」は、

たとえ、時間がかかっても、
たとえ、多くの出来事や巡り会わせが、重なる必要があったとしても、
あなたのその後の勇気や行動が積み重ねられた時、
その行動や悲しみ、喜びの数だけ、
大きな気付きと巡り合うことになります。


人間が生まれた後に作り出すもの。
創造、製造、建造されたものは、いつかその形を失います。

逆に、

心、思い、気持ち、勇気などが生み出す
行動から作られたものは滅びることを知りません。

私たちは、後に生み出されたものを失うことがあっても、
生まれる前から受け継がれた大切なもの、
生まれてから経験によって気付いた大切なものを、
失うことは、決してないのです。

運命も、予期しなかった出来事も、
いま、生きている私たちから大切なものを奪うことがあっても、

あなたが生きていく上で、最も必要な大切なものは、
決して奪われることはない。




もしかしたら、

私たちは、そのことに気づかされるために、
一つ一つ意味のある、人生の出来事と向き合っているのかもしれません。





★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: ルキウス・アンナエウス・セネカ

テーマ: 生きること - ジャンル: 心と身体

たとえ 胸の傷がいたんでも! 





「 なにが君の しあわせ
  なにをして よろこぶ
   わからないまま おわる
   そんなのはいやだ!
  忘れないで 夢を
  こぼさないで 涙
   だから 君は とぶんだ
   どこまでも        」


                       
                  作詞:やなせたかし
                  作曲:三木たかし
                                                       
             日本テレビ系アニメ「それ行け!アンパンマン」より

■歌詞全文はこちらです→『アンパンマンのマーチ』の歌詞

                       

絵本作家、やなせたかしさんの作詞で、人気テレビアニメの主題歌。

多くの方が耳にしたことがあるこの曲は、
さらりと聞き逃すことはできない力強いメッセージと
人が前進するためのポジティブな鼓動が伝わってきます。


何のために生まれてきて、
何をして生きるのか・・・

自分で自分に問いかけた時、
全く疑わずに、即答できる人がどれだけいることか。

ましてや、

大きな壁にぶつかった時、
立ち上がれないほどの悲しみに崩れた時、

自分が進むべき目的や方向を見失い、

さらには、自分の存在までも見失い疑う。


しかし、

歌詞の中でその人の心の痛みに対してこう跳ね返します。


「そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも」

「今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで        」

「時は はやく すぎる
 光る星は 消える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで        」




目的も分からず進んでいく人生。
自分の幸せとは何か分からず歩んでいく人生。

その人生の目的や幸せがいま、分からないのならば、
たったいまから自分で探しに行くことができる。

今あなたは、生きています。
その生きていることだけは、いま唯一分かっていること。

ところが、その生きていることがどれだけの喜びであり驚きか。

この生きている素晴らしいいまの自分と一緒に
あしたの自分を探しに行けばいいのです。
苦しみや悲しみは、忘れる事はありません。
だけど、そっとポケットにしまい込んで。



人の一生は、本当になにがあるか分かりません。

そして、

答えがわかってから問題を解く人はいません。


あなたが、最期の時を迎える時、
あなたの大切な人に、生きることのよろこびや、
自分の夢や幸せを伝えてあげられるように、
そして何より、たどりついたところに、
自分の目的や幸せが待っていることを確信して。

どこまでも飛び続けよう!

「たとえ どんな敵が 相手でも」




最後に、この名曲も「アンパンマンのマーチ」の作詞家やなせたかしさんの作詞。↓





★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<






【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: やなせたかし(アンパンマン)

テーマ: 心に響く言葉・メッセージ - ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。