消費者金融と銀行
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

cm: --
tb: --   

あなたができること。できないこと。 


let0009-012_convert_20101020074603.jpg


「 できると思っても
   できないと思っても
      いずれも正しい 」
           
               
                  ヘンリー・フォード

■ヘンリー・フォード:自動車会社『フォード・モーター』創始者。
           富裕層しか自動車を持てなかった時代に、
           流れ作業の新技術を導入。
           低価格の自動車の製造を実現させた。
           自動車普及のために、非常に大きな役割を果たした人物。
           カール・ベンツが自動車の産みの親なら、
           ヘンリー・フォードは自動車の育ての親と言われている。


そんな彼は、多くの名言を残しています。
その中の一つ。

私たちは多くの人生経験を経て、
徐々に常識や分別などを身につけていきます。

それは社会や自然の中で人間が生存していくために、
とても大切なものとなります。

しかし、

見方を変えれば、
経験や常識の範囲でしか判断をしなくなります。

確実な成果を上げるために、
大きなリスクを回避するために、
私たち人間の多くは、
ここまでができることで、
ここからはできないこと、
と行動や志に境界線を引いてしまっているといえます。

子供は人生経験が乏しい。
そのため、物事に対する判断基準を持っていません。

幼い子供が、時に素晴らしい成長を遂げたり、
大人がびっくりすることを成し遂げたりすることがありますが、
その裏には、
心と行動の境界線を持たない事に、
大きなヒミツがあるのではないでしょうか?

「できると思っても、できないと思っても、いずれも正しい」

あなたのできないことは、何でしょうか?
あなたのできることは、何でしょうか?


できることから、コツコツと行動、努力していくことはとても大切で、
それが大きな目標を達成するために必要不可欠なこととなりますが、

目標をどこに設定するか・・・

そこに自分で境界線を引いてしまうことは、
たった一つの人生の偉大な可能性を否定してしまうことになります。

自分の未来と可能性を肯定し、
自分が決めた目標、夢は、
それを決めた時から必ず実現する事になっている。

そのくらいの強い気持ちで生きていきたいと思います。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

スポンサーサイト

カテゴリ: ヘンリー・フォード

テーマ: 心・脳・言葉・人工知能 - ジャンル: 学問・文化・芸術

行動する前から、反省はできない 


odr0006-049_convert_20110511233027.jpg



「  事実がわかっていなくとも前進することだ。
     やっている間に、事実も分かってこよう。 」


                     ヘンリー・フォード


■ヘンリー・フォード:自動車会社『フォード・モーター』創始者。
           富裕層しか自動車を持てなかった時代に、
           流れ作業の新技術を導入。
           低価格の自動車の製造を実現させた。
           自動車普及のために、非常に大きな役割を果たした人物。
           カール・ベンツが自動車の産みの親なら、
           ヘンリー・フォードは自動車の育ての親と言われている。




東日本大震災から、ちょうど二ヶ月が経ちました。

多くの問題、困難を抱えたまま、日本と政府、国民は
何をしてきて、何ができていないのでしょうか。


被災地では、瓦礫の撤去が少しずつ進んできていますが、
瓦礫の保管場所が圧倒的に不足し、
撤去作業が行き詰まる可能性があるようです。

無理もありません。
たった一日で100年分のゴミが出たと言われています。


雇用の問題も行き詰まっています。

被災地には仕事が限られており、
被災者住民の雇用を受け止める受け皿が全く足りない状況です。
町を、ふる里を、やむを得ず離れていく住民がいます。

福祉の問題も深刻です。
要介護の方々全てが、満足な福祉サービスを受けているとは、
とても言い難い状況です。
また、視覚障害者、聴覚障害者の方の震災時と震災後の支援は
多くの問題が解決できないままになっています。

その他にも・・・

放射能、風評被害、農業、漁業、教育、多重ローン、
健康被害、地盤沈下、液状化などのとても大きな問題が山積している状態です。


ですが、

被災地でも、果敢に行動している人々がいます。

やらずに後悔するよりも、
やってみて少しでも活路を開いていこうと努力している人がいます。
少しずつですが、復興、再生に向けて成果を上げてきている人々がいます。


人は、行動する前に何ができて、何ができない、と
自分で想像(シュミレーション)することはできても、
事前にその想像が本当に正しいのかどうかは誰も証明、検証することはできません。




あなたが、心に何か気付きがあった時、
あなたが、何かに心を動かされて衝動に駆られた時、

そのときが行動する時です。

ところがその行動が、結果として成功するか否かは、誰にもわかりません。

本来、やってみなければ、その行動の成果は、
誰にも否定することはできない事であり、
本当の成果は、事前ににおいては、この世の誰にも分からないのです。

とても当たり前のことです。



私の職場に、この春、幾人かの新入社員が現場に入りました。

私の部署に入った新人は、
人柄、勤務態度、も優秀で将来が楽しみなのですが、

何をやるにつけても、
リスクや失敗した時の事を考えて行動が伴いません。
実行にいつも躊躇するするのです。

職場は、福祉施設ですので、
関わったことが失敗につながれば、
人命を損なう、事故につながることになり、
大変なプレッシャーがかかることも分かるのですが、
行動を起こす前から、リスクだけを恐れて動き出さなければ、
本当のリスクの存在も成果の価値も理解できないでしょう。


これから起こる何かを恐れるよりも、
行動することで得られる新しい発見を、
私たちはつかみ取っていきたい。



実際に行動し、五感と心で体験することで、
分かってくることが如何に多いことか・・・

私たちが学ぶことのほとんどは、

体験したことによって得られるもの、
直接感じる事によって得られるもの、と言えるかもしれません。

行動する前に、
行動したことの後に起こることに気付き、学ぶ人間はいません。
行動する前から反省できる人間はいないのです。


行動しましょう。


すると、

あなたは失敗することがあるかも知れません。
悲しみや挫折があるかもしれません。

ですが、後退や敗退は決してあり得ないはずです。





★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: ヘンリー・フォード

テーマ: 心に響く言葉・メッセージ - ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。