消費者金融と銀行
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

【 最新記事と感動映像 】


  ●●● 皆さまにお知らせ ●●●

いつもいつもご訪問ありがとうございます!
更新再開模索しております!お待ちくださいね。
どうかこれからもよろしくお願い致します(^^)
皆さまには感謝。感謝です。


  ●●● 最新記事 ●●●

【 全記事一覧 】

  ●●● ~忘れられない名言~ 感動映像 ●●●

あなたさえも知らない、本当の自分と未来に出会うために、
時に雨に打たれながら、時に星空を見上げながら、歩いていこう・・・
そんなあなたを見て、必ずその後について来る人がいるから。
その後に、誰も知らなかった新しい道ができているから。



■ これまでの「名言感動映像」はこちらです。
■ 管理人の仙台での「東日本大震災」の体験記はこちらです。
■ ブログ『はっぱの笑子らいふ(はっぱのえこらいふ)』さんの
  震災や今後の未来に対する取り組みです。クリック!↓ 心ひとつに キャンドルナイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

cm: --
tb: --   

管理人プロフィール 

img1905_edited-1.jpg


はじめまして!管理人の言蔵(ゲンゾウ)、と申します。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

まずは、私の自己紹介からさせていただきます。


出身は宮城県仙台市です。

小学生のころは、友達と遊ぶことも好きでしたが、
飼い犬と近くの山のふもとまで行き、

自然を前にして、あれこれと空想するのが大好き。

とくに、宇宙のことを考えるのが大好きでした。

自分が立っている地球は丸くて、
それが、宇宙空間に浮かんでいる。

月は、地球の周りを回っていて、
地球は、太陽の周りを回っている。

太陽系は銀河系の中にあって、
銀河系のような星雲は無数にあって、

宇宙は無限・・・。

無限って何だろう?


どこまでも宇宙を進んで行ったら
一体、どこに着くのか?
それとも、どこにも着かないのか
どこまで行っても宇宙なのか?

そんなことを真剣に悩んでいた、不思議な子供でした。

当時の将来の夢は「漫画家」なること。

自分が空想した世界を具現化し表現したいという気持が、
とても強い少年時代でした。

中学生の時は、バレーボール部に所属。
部活と勉強に精を出します。

高校はキリスト教プロテスタント系の
男子校に入学します。

この時、私の思想や考え方に大きな影響を与えた、
「聖書」と出会います。

私はキリスト教信者でもないし、
現在もいわゆる無宗教ですが、
いままで、聞いたこともない考え方、視点、世界感に感動し、
毎日「聖書」に目を通していました。

大学に入ると、文芸サークルに所属します。

様々な小説や詩、エッセイや評論を
雑誌にして発行していました。

その時、妻と知り合い、
大学を卒業して、2年後に結婚します。

大学卒業後、自分の本当にやりたいことは何なのか。
それがわからす、2度転職します。

最後に、たどりついた職業が老人福祉関係の仕事でした。

福祉施設で働き、経験を積み、
介護福祉士と介護支援専門員(ケアマネージャー)の
資格を取得し、現場の主任、相談員などを務めました。

ここで、体験した貴重な体験、
多くの素晴らしい方々との出会いは
私の人生にとって大きな恵みとなっています。



しかし、

その後、人生が急変します。


妻が家事放棄をするようになり、
家庭内では、喧嘩が絶えなくなりました。

3歳の幼い娘がいたにも関わらず、
妻は掃除などの家事を行おうとしません。

私には、浮気や暴力、などはなかったのですが、
大きな原因も分からず、
夫婦の心は離れて行きました。

今となっては、私にも原因があったと反省しています。
その時は、相手も自分も何も見えずに、
ただ、愚かにもがいていただけでした。

当時の私は起こっていることの理由も意味も分からず、
ただ、路頭に迷い、座り込んでいました。


どうすれば、現状を改善できるかも分からず、
相談できる人もなかなかいない。

一人で悶々と悩む日々が続きます。

「どうすれば、どうすれば・・・」

と右往左往する毎日です。


そんな生活を送っていると、
仕事にも影響が出てきます。

何でもないミスを繰り返し、
また、心は落ち込んでいきます。

上司からの信頼も失って行きました。

悪い心の状況が、
さらに悪い現実を引き寄せていったのです。



しばらくすると、・・・


ある日突然、妻が娘を連れて、家を出ます。

前触れもなく家を出ます。

妻は実家に帰った様子でしたが、
妻の実家は新幹線を二つ乗り継いで行って、
4時間以上かかる距離にあり、
そう簡単に会いに行けるところではありませんでした。

また、妻は娘との面会も接触も拒絶してきました。

不本意ではありましたが、
娘の親権、面接権を話し合うために、

裁判所に離婚調停を起こします。

その間、
娘とは一年以上も全く会わせてもらうことができず、

自分も心身を壊し、
うつ状態に苦しみました。


お酒に溺れ、引きこもるようになりました。


このままでは・・・
自分の人生がつぶれてしまう。


そう思った自分は、
自力で這い上がる方法を探しました。

あらゆる手段で
自分を救ってくれる方法はないか、
必死で探しました。

多くの書物を読みあさり、
多くの人のことばを聞きました。


そんなある日、ある時、

ふと、言葉が心に浮かんだのです。


「あなたは何者ですか?

 あなたはあなたですか?

 あなたがあなたであることに

 どうして考え込んでいるのですか?」



その時、

いままで多くの先人の言葉、
多くの方々のありがたい言葉、

多くの先人たちのメッセージが、
一つにつながったのです。


「そうなのか・・・」



そこから、私は少しずつ変わっていくことができました。


いまは妻と離婚し、娘とも定期的に面会しています。

仕事も配属が変わりましたが、
好きな福祉の仕事を、今も続けさせていただいています。


生きていく上で大切なこと、

人生を豊かにするために必要なこと、

夢をかなえるために行うべきことを

試行錯誤しながら、

多くの言葉を通して、

お伝えしていければと思っています。

少しでも、あなたの人生の糧になれればと思っています。






 【 管理人 】

■ 言蔵(ゲンゾウ)

■ 性別:男
  
■ 趣味 
     :読書(時代小説、名言集、スピリチュアル)
      映画鑑賞(SFアクション、黒沢明)
      お酒(大好きですねー、なんでもいけます)、
      絵画鑑賞(ルノアール好きです)、 
      野球観戦(楽天イーグルス大ファン)、
      戦国武将の研究(伊達政宗、上杉謙信、真田幸村、
      真田昌幸、島津義弘、本多忠勝、好きです)
      バレーボール(日本もっと頑張れー)、
      囲碁(弱いけど大好きです。奥が深い)、
      未知の怖いものを見る事(心霊、UFO,UMAの
      映像など、 なぜかワクワクします) 
      TVゲーム(最近やっていませんが大好きです) 
      犬(サモエド、わさおに似ています)を飼っています。

■ 好きな食べ物
     :ラーメンと日本そば(食べ歩きします。遠くにも
      食べに行きます。)
      海鮮もの
      お寿司(マグロ、イカ、タコ、ウニ好きです)

■ その他
     : 現在はとにかく時間がほしいー!


★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<


【 トップページへ戻ります 】

スポンサーサイト

カテゴリ: 言蔵のつぶやき

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 学問・文化・芸術

不思議な体験・・・こんな経験ありますか? 信じられますか? 


ブログ使用画像


今回は名言のご紹介ではありません。

私が実際に体験した、不思議な出来事についてお話しします・・・。


この度、私は、とても古かった自宅を取り壊し、
建て替えをするために、現在無人となっていた親戚の家に
入居させていただいているのですが、

今まで住んでいた古い住居において、
とても不思議な、ある意味とても怖い体験をしました。

今まで住んでいた家は、聞いた話によると、
戦後すぐに建てられた平屋で、
複数の家族が受け継いで住んでいて、
私が住む直前は、老夫婦が下宿を兼ねて住んでいたりしたそうです。
最期は高齢のご婦人が住んでいて、お花の先生だったそうです。

築年数はざっと60年くらいでしょうか。
それ以上かもしれません。

床が腐ってきたり、
害虫に侵されたり、
耐震構造にも大変問題を抱えていたり、

ひどい状態だったので、
今回家を建て替えする決心をしたのですが・・・


その家には8年近く住んでいました。


当時、私の祖父が古い家と土地を買い上げ、
孫の長男である私に住まないかと、言ってくれました。
当時の私には一緒に住む家族がいて、
祖父の好意に甘えて、妻と二人で移り住みました。

とても古い家だったのですが、
自分の家を持てたような気分になり、嬉しかったのを憶えています。


住んでしばらくすると・・・

夜や明け方に家の玄関から廊下にかけて進むように、
ミシミシと音がするのです。

私も確かに聞きましたし、
当時の妻も、何回か聞こえたと話していました。

その音はゆっくりと移動して、
ふっと音が消えます。

最初は、木造建築によくある急激な温度変化などで起こる、
木材のきしむ音だと思っていました。

そうに違いないと思っていました。

引っ越してから、一か月以上たって・・・

ある夜、ふと目が覚めました。
はっきりと目が覚めました。

また、そのきしむ音が玄関の方から、
だんだん近づいて来るのを感じました。

その音があまりにはっきりとしており、
人が廊下をゆっくり歩いてくる音にしか聞こえませんでした。

そこで、私は、

「泥棒が入った?!」

と思い、本気で、
とっ捕まえてやる。
不届きな奴だと、怒りを露わにして、
布団のすぐそばにあった、懐中電灯を取ろうとしたその瞬間。

突然、体に電気が走ったようになり、
寝たまま全く体が動かなくなりました。

目だけは見えるのですが、
横になったまま、全く体が動きません。

「え・・・なんで!?」

その時は、状況がつかめず、混乱し困惑しました。
どんなにもがいても、1㎝も体を動かせません。

人の足音のようなきしむ音は、廊下を進んできます。
だんだん私の寝ている寝室に近寄ってきます。

すると、その音は、
通路がないのにも関わらず、
部屋の壁を無視して室内に入ってきたのです。

その時、初めて悟りました。

「これは泥棒じゃない・・・!」

私は、恐怖に震えたのを憶えています。

ミシ・・ミシ・・ミシ・・・

その音は、動くことができない私の足もとを通り抜けると、
寝室の奥にある棚の方に入って行きました。
すると、ふっと音が消えたのです。

私は天井が見えていたのですが、
視線も動かすことができず、
その音の方を見ることはできませんでしたが、
明らかに一直線に進んできました。

しばらく、私は恐怖に体を震わせていましたが、
いつの間にか意識が遠くなり、再び眠って?しまったようです。


後で、話を聞いてわかったことなのですが・・・、


ちょうど、音が消えていった寝室にしていた部屋の棚には、
かつて、最後にこの家に暮らしていた
お花の先生の旦那さんの仏壇があった場所だったそうです。


それを聞き、ぞっとしたと同時に、

亡くなってなお、自分の幸せだった居場所を大切に思っていた気持ちが、
そういった出来事を呼んだのか・・・、と思うと、
恐怖とともに感動も感じずにはいられませんでした。



地球ができてから、現在までの年数を
東京~大阪間の距離にすると、
人類が誕生してから現在までの距離は、

なんと、東京から数メートルしかないそうです。

その人類が生み出した科学の力は、
まだまだ解明できないことの方が多くありそうです。

亡くなった人の思い、喜び、無念・・・

そういった心のエネルギー、力は、
私たち人類の科学や想像を超えて、存在するように思えてなりません。



その後、その家では・・・

パッタリ、その足音のようなきしむ音は聞こえなくなりました。

これがまた、不思議なことでもあります。


今回は、少し怖いお話をして申し訳ありません^^;
苦手な方がいたら、すみません。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<





【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 言蔵の恐怖体験

テーマ: オカルト的 - ジャンル:

一筋縄ではいかない男と女 


pet0028-049_convert_20110620141202.jpg



いつもご訪問ありがとうございます。

今日は、少し最近の私についてお話しいたします。


東日本大震災のあの激しい揺れと津波の襲来から、
すでに100日が経過しました。

人が生きているという不思議。
紙一重で死んでゆく不思議。

その後に起こる苦難や人間の弱さと強さ、
色々と考えることが溢れてくる100日でした。

現地の被災した人々、それを支援する人。
皆少しづつ現実を受け入れ、向き合って前に進んで行こうと頑張り始めています。

私の職場も大分落ち着き、
施設利用者も以前と変わりなく利用されています。

私もそういった多くの頑張っている方々を見て、
負けてはいられない! そう思いが強くなります。

多くの方々の励ましのお言葉からも、
私に何よりの勇気とやる気をいただいています。



ところで話が突然変わりますが、最近の私はというと・・・

現在、こう見えても人並みにいくつか悩みもあるのですが、

その一つ。


私は離婚を経験しているのですが、

これからの長い人生を考えて、
再婚を視野に入れて活動をしています。

いわゆる婚活ですが、
これがなかなか難しい(^^;

相手があっての問題がたくさんあり、
男女の相性の問題、
経済力、家庭環境の問題、
年齢、容姿などの問題。


挙げればたくさんありますが、
そういった問題をクリアした時、
あるいは妥協した時にカップルが成立するのです。


私は、ある大手の結婚相談所に登録し、
今まで何人かの人とお会いしました。

しかし、

私はアラフォーで、遠く離れた静岡県に一人娘がいます。
毎月養育費も送金しています。

このアラフォーと子供の存在、養育費を送金している点が、
相手(女性)にとって大分引っかかっているようなのですね。

これで、私が人が振り返るようなイケメンだったとしたら、
大分状況は好転していると思われますが、
残念ながら、そうではありません(涙)

そんなこんなで、結婚相談所に登録してから、
お付き合いまでうまくいったことがありません。


結婚はある意味、現実と向き合うことでもあるのですが、
さすが女性の皆さんはシビアでしっかりされています。
男とは違うリアルな想像力と計画力をしっかり持っています。


結婚相談所の担当者の方などは、

「言蔵さんは、お人柄は随一ですよ。頑張っていきましょう」
「女性の方にも、男性の条件などばかり見ないで、
 その人の中身をもっと見てほしいですね」
「人と人とが一緒になるので、その人だけをもっと見てほしいですね」


などとおだてて、私に言ってくれるのですが、
どうも現実を見るたびにその言葉は説得力を失い、失望してしまいます。

私も相手の方に求める条件は極力緩く設定して、
多くの方にお会いしたいと考えているのですが、
どうもうまくいきません。難しいものです。


東日本大震災があって、
結婚指輪、婚約指輪が売れ行き1.5倍に増えたといいますが、
私の周辺では何事もなかったかのような静けさです(涙)

それでも、めげずに前進してまいります。

想像力や言葉は現実を呼び込む。
そう信じて進んでいきますー。



婚活に進展がありましたら、またご報告いたします(笑)

とりとめのない内容ですみません。



★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<






【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 言蔵のつぶやき

テーマ: ひとりごと。 - ジャンル: 日記

いろいろありまして、ご無沙汰しておりました! 


obt0029-001_convert_20110901192658.jpg



申し訳ありません。

ご無沙汰しておりました! 言蔵です。

ここ一か月の間に、
プライベートや仕事上で様々な怒涛の変化があり、
精神的に、時間的にも、
良くも悪くもいっぱいいっぱいの生活を送っていました。

ブログの更新も滞り、みなさんの応援のお言葉にも応えられず、
大変申し訳ありませんでした。

今回のお話は極めてプライベートなお話しなので、
ご興味のない方は飛ばしていただいて構いません。



特に大きな変化があったのがプライベート・・・。

以前お話ししたことがありましたし、
プロフィールでもご紹介していますが、

離婚してより、人生の再起を図るためにも、
まさしく人間の復興を図る意味も込めて、
地道に婚活して参りましたが・・・

とうとう結婚を前提にお付き合いして下さる方と出逢ったのです!

彼女は、離婚経験があり、幼いお子さんがいる27歳の女性です。
離婚されてから、ご両親の力を借り、
独りでお子さんを育ててこられた方です。

とある結婚相談所の紹介で出逢いました。

そこの相談所のシステムでは、
まず相手のプロフィールが顔写真付きで送られてきます。

年齢、身長、体重、仕事、年収、趣味、家族構成、
その他結婚の希望条件など・・・

まさに個人情報の塊です。

お互いがお互いの情報を確認し、
あってもいいかな、逢いたいなと思ったら、
男性の方から申し込みます。

その申し込みに,女性がいいと返答が来て、
初めて会うことができます。

初公開しますが、私の年齢は41歳。

彼女との年齢差は14歳!!



相手の方から、会ってもいいと返事が来た時には
信じられない気持と不安でいっぱいでした。

この年齢差は、はたして二人の間で障害となるのか、
はたまた吉と出るのか。

実際お会いすると・・・

とても気さくで緊張を感じさせないとても明るい女性でした。
働きながら子育てをし、苦労もされてきているせいか、
とても芯が強く、自分の考えをしっかり持っていて、
それでいて雰囲気は癒し系といった感じ。

すぐに私は、直感に感じるところがあって、
もう一度会いたいと申し込みました。

彼女は快諾して下さり、お付き合いがスタートしました。

そこから、何度かお会いして、彼女とは意気投合。

現在に至ります。


その間、自分に様々な迷いや不安や悩みが、
自分自身を苦しめました。
本来ならば、幸運で幸せなはずなのに・・・

自分は本当はどこへ向かっていくべきなのか。
自分の本当の姿はどこにあるのか。
このまま自分は人を好きになって、愛して行っていいのか。
悩んでしまっている自分がいました。


そういった自分に迷いがある内は、
ブログは更新できない、
誰かに語りかけることはできない、
と考えてしまっていました。


ですが、

迷いながら、常にその一瞬一瞬で感じたことを、
自らの思いや教訓にして、表現していくことに、
なにも恥じることはないと気付きました。

死ぬまで彷徨い、悩み、答えを探し続けることが、
生きることと感じたからです。

今は確信しています。
自分は間違っていなかったと。


人生は深いですね。

浅はかな自分は今も勉強中です(^^)

とても個人的な話で恐縮です(泣)


これより、再び更新を再開してまいります!




★ブログランキングに参加しています★

励みになります! 
クリックしていただければ幸いです。↓


    >>人気ブログランキングへ<<
    >>にほんブログ村ランキングへ<<






【 トップページへ戻ります 】

カテゴリ: 管理人の迷言

テーマ: 自分らしく - ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。